【物流改革】コールドチェーンに潜むリスク


コールドチェーンは生鮮食品や薬を冷蔵・冷凍の新鮮な状態で消費者に届けることを目的とした物流方式です。

昨今物流業界のトレンドになっていて、国内大手輸送のヤマトはコールドチェーンを経営戦略の軸に置きグローバル展開を図ることを明言しています。

非常に便利な半面、これらを実運用させる上ではクリアすべき課題や大きなリスクも存在しています。

以下にて現状考えられるリスクをまとめてみました。

1.冷暖房設備のダウン

輸送中に冷暖房設備が壊れたり、ドライバーが冷暖房を入れ忘れたり等、冷暖房設備が壊れる可能性は様々考えられます。

こうした事態に対応できるバックアップ設備があればいいですが、設備がない車両だととても危険です。

2.国毎でインフラ水準が異なる

海外を含めた輸送網を構築する場合は、各国で異なるインフラ水準もリスクです。
インドや東南アジアのインフラ途上国では頻繁に停電が起こりえます。
電源供給が出来ず、冷暖房を維持できなくなると、温度に敏感な配送物はダメージを受けます。

3.輸送ネットワーク構築

近年ドライバー不足やドライバーの高齢化が社会問題となる中で、そもそも輸送会社はドライバーを確保しEnd to Endでもモノを届けられるだけの力があるのかという問題もあります。

特にコールドチェーンの場合は一般貨物との混載が難しく、人材確保含め最適な輸送ネットワークが構築出来なければ輸送コストが高くなり、採算が取れなくなります。

4.人的ミス

荷物に関わる全ての人が丁寧に扱ってくれればいいですが、教育不足や、担当のモラルが低かったりすると、コールドチェーンは成り立ちません。

粗雑な荷物のハンドリング、実務面でのミス、輸送関連の事務処理の遅れが、輸送の遅延や輸送対象物の破損を招くリスクがあります。

5.盗難

世界中で貨物の盗難は問題となっていますが、コールドチェーンも例外ではないでしょう。
高価な食材等を輸送する場合は盗難の対象になるリスクがあります。

(続)解決策

関連するおすすめ記事!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top