ヨーロッパ(EU)におけるトラックドライバーの労働基準法まとめ


ヨーロッパにおけるトラックドライバーの労働基準法について調べてみました。

ご存知の通り日本のトラックドライバーは拘束時間と休憩時間の上限が設けられていて、運送会社はこの法規制を遵守することが求めれていますが、ヨーロッパでも同じように労働基準法は存在します。

運転時間の限度/上限

・1日の運転時間は原則最大9時間まで (但し1週間内で2日は最大10時間まで可能)

・1週間の運転時間は最大56時間まで

・2週間通算の運転時間は最大90時間まで

休憩時間の取決め

1.地面からトラックの最上部までの高さは最大4m
2.幅は最大2.55m
3.長さは最大20m以下
4.重さは最大49Ton

もちろん車輌の駆動軸本数の違いや、トレーラー/トラックなのかで異なります。

備考

・ヨーロッパ(EU)のトラック運転手は皆「ドライバーズカード」というマイクロチップ入りのIDカードを保有し、運転情報をデータで電子管理し、労務違反を検知する仕組みを取っている。

・運転開始/終了時にドライバーズカードをトラックに取り付けられているスキャナで読取る。

関連するおすすめ記事!!

<!– START MoshimoAffiliateEasyLink –><script type=”text/javascript”>(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName(“body”)[0],e.appendChild(d))})(window,document,”script”,”//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js”,”msmaflink”);msmaflink({“n”:”ロジスティクス業界大研究 (業界大研究シリーズ)”,”b”:”産学社”,”t”:””,”d”:”https:\/\/m.media-amazon.com”,”c_p”:””,”p”:[“\/images\/I\/514Ei1Xts-L.jpg”],”u”:{“u”:”https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4782535406″,”t”:”amazon”,”r_v”:””},”aid”:{“amazon”:”1243972″,”rakuten”:”1243896″},”eid”:”yQKWq”,”s”:”s”});</script><div id=”msmaflink-yQKWq”>リンク</div><!– MoshimoAffiliateEasyLink END –>

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top