ヨーロッパ(EU)におけるトラックドライバーの労働基準法まとめ


ヨーロッパにおけるトラックドライバーの労働基準法について調べてみました。

ご存知の通り日本のトラックドライバーは拘束時間と休憩時間の上限が設けられていて、運送会社はこの法規制を遵守することが求めれていますが、ヨーロッパでも同じように労働基準法は存在します。

運転時間の限度/上限

・1日の運転時間は原則最大9時間まで (但し1週間内で2日は最大10時間まで可能)

・1週間の運転時間は最大56時間まで

・2週間通算の運転時間は最大90時間まで

休憩時間の取決め

1.地面からトラックの最上部までの高さは最大4m
2.幅は最大2.55m
3.長さは最大20m以下
4.重さは最大49Ton

もちろん車輌の駆動軸本数の違いや、トレーラー/トラックなのかで異なります。

備考

・ヨーロッパ(EU)のトラック運転手は皆「ドライバーズカード」というマイクロチップ入りのIDカードを保有し、運転情報をデータで電子管理し、労務違反を検知する仕組みを取っている。

・運転開始/終了時にドライバーズカードをトラックに取り付けられているスキャナで読取る。

関連するおすすめ記事!!

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top