中国におけるトラックの車格規制とドライバーの労働基準事情


中国では急速な自動車の増加によって交通事情が悪化しつつあり、外資企業が中国で輸送ビジネスを行うには高いリスクが伴います。

一方同時に中国は人口13億を超える巨大なマーケットでもあり、企業が成長する上で中国でのビジネス展開は不可避になりつつある中で、中国の輸送事情は理解しておきたいです。

そこで中国における輸送/配送事情と法規制についてまとめてみました。

中国での運転免許の取得方法

日本の国際免許は原則中国では使えないようです。

期間が3カ月未満の場合は一時的な許可申請でも運転可能なようですが、3カ月以上にわたって運転する場合は運転免許証を取得しなければなりません。

その運転免許証の取得方法ですが、省によっても異なるようでが、原則100問程度の筆記試験を受けて90%以上の正答率で合格とのこと。

また言語は中国語が中心ですが、上海や北京では外国語の試験もあり、通訳機持参が可能な場合もあります。

中国におけるトラック車格の利用規制

1.地面からトラックの最上部までの高さは最大4m
2.幅は最大2.55m
3.長さは最大20m以下
4.重さは最大49Ton

もちろん車輌の駆動軸本数の違いや、トレーラー/トラックなのかで異なります。

運転時間と休憩時間のルール

1.日中の連続運転時間は4時間以内。夜間の連続運転時間は2時間以内。休憩は20分以上行う
2.24時間以内の累積運転時間は8時間を超えてはならない
3.連続した累積運転時間は44時間を超えてはならず、残りはその期間中効果的に休息する
4.3級以下の山岳道路を夜間走行してはらならない
5.午前2時から午前5時までに安全確保のために停止しなければならない?(内容が理解できなかったので調査中)

※こちらはCRTA(China Road Transport Organization)という国の機関によって取り決められています。
※上記は「道路旅客輸送企業のための安全管理規則」の第38条に記載があります

中国でも欧州、米国、日本と同様に安全面を考慮し、トラック事業者に対する労働基準が設けられているようです。
しかし中国の場合は個人ドライバーが配送を担うことが多いようで、実態としてしっかりと管理されている状況とは言い難いようです。

参考サイト

◆China Road Transport Organization: 公式サイト
◆Beijing Traffic Management Bureau: 公式サイト
◆ligentia: 公式サイト

関連するおすすめ記事!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top