中国における商業用ドローンの法規制


中国におけるドローン規制の内容について調べてみました。

以下が規制の概要と内容になります。

ドローン規制の管轄組織

CAAC:Civil Aviation Administration of China(中国民用航空局)

ドローン規制の内容

・250gram以上のドローン機体は、管轄機関であるCAACへの登録が必要

・商業用に限らず、中国でドローンを飛行する場合、ライセンス必須

・Visual line of sight(目視内)外では飛ばせない

・高度120メートル以上は飛ばせない

・人口密度の高い場所では飛ばせない

・空港、軍事施設等の飛行禁止空域で飛ばせない

・「No-Fly-Zones」で飛ばせない。例えば北京は飛行禁止ゾーンに入っている

・CAACからの許可がない限り、Control Zone(航空管制空域)内でも飛ばせない

許可証の要件

・機体の重量は250gram以上である

・機体のオーナーの氏名

・Passport番号等のID

・電話番号やメールアドレス

・製品の製造番号

・シリアルナンバー

・利用用途

※許可証を取得できたらQRコードとして印刷の上、機体に貼り付けること

※許可証の申請に関してはこちらに詳しく載っています

その他特殊機体に必要な許可証

・機体重量が7Kg~116Kgの場合は届け出が必要

・商業用利用でドローンを飛ばす際はCAACに届け出が必要

・機体重量が116Kg以上の場合は別途パイロットライセンスが必要

関連するおすすめ記事!!

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top