中国における商業用ドローンの法規制


中国におけるドローン規制の内容について調べてみました。

以下が規制の概要と内容になります。

ドローン規制の管轄組織

CAAC:Civil Aviation Administration of China(中国民用航空局)

ドローン規制の内容

・250gram以上のドローン機体は、管轄機関であるCAACへの登録が必要

・商業用に限らず、中国でドローンを飛行する場合、ライセンス必須

・Visual line of sight(目視内)外では飛ばせない

・高度120メートル以上は飛ばせない

・人口密度の高い場所では飛ばせない

・空港、軍事施設等の飛行禁止空域で飛ばせない

・「No-Fly-Zones」で飛ばせない。例えば北京は飛行禁止ゾーンに入っている

・CAACからの許可がない限り、Control Zone(航空管制空域)内でも飛ばせない

許可証の要件

・機体の重量は250gram以上である

・機体のオーナーの氏名

・Passport番号等のID

・電話番号やメールアドレス

・製品の製造番号

・シリアルナンバー

・利用用途

※許可証を取得できたらQRコードとして印刷の上、機体に貼り付けること

※許可証の申請に関してはこちらに詳しく載っています

その他特殊機体に必要な許可証

・機体重量が7Kg~116Kgの場合は届け出が必要

・商業用利用でドローンを飛ばす際はCAACに届け出が必要

・機体重量が116Kg以上の場合は別途パイロットライセンスが必要

関連するおすすめ記事!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top