南アフリカにおけるトラックドライバーの労働基準


南アフリカにおけるトラックドライバーの労働基準について調べてみました。

南アフリカにおける道路の総距離は世界で10番目と巨大な輸送ネットワークを有しています。南アフリカのGDPは2011年をピークに2016年までは下降トレンドでしたが、2017年と2018年で連続して前年比を上回っていて景気回復の傾向にあります。
ポテンシャル大きい南アフリカ市場でビジネスを検討する際に参考にしてみて下さい。

◆南アフリカ(South Africa)
【労働時間の上限】
南アフリカ政府が発刊している官報(Government Gazette)のRegulation 272によれば、南アフリカでのトラックドライバーの労働時間に関しては下記の通り定められています。
-連続運転可能時間は5時間まで。その後10分間の休憩を取ること
-5時間30分の運転時間の中で、累積で30分間の休憩をはさむこと
-24時間の中で運転できるのは15時間まで。連続して9時間の休憩を取ること

上記法規制が定められている一方で、南アフリカでは労働組合による団体交渉(Collective Bargaining Council)による取決めの力が強いそうで、現実的にはこちらの労使交渉で決まった下記上限に従うことの方が多いとのことです。
-90時間/週以上を超えないこと ※これは残業時間や休日出勤も含む

【法定最高速度】
南アフリカでの法定速度制限は2017年3月に改訂されたばかりです。
南アフリカでの速度制限は、Urban(都心部)、Rural(地方部)、Freeway(高速道路)の3区分に分かれていて、改訂前比で20Km/hour下方修正されました。
-Urban Area: 40Km
-Rural Area: 80Km
-Freeway: 100Km
※ただし、9000Kg以上のトラックに関しては制限速度が80Km/hourとなるようです。

【その他】
・Government Gazette Regulation 272Cによればトラックドライバーは自身の運転時間を記録しておく必要があります

【備考】
・南アフリカでは、外国人のトラックドライバーを追放しようと暴力的な行為が多発していて、治安は良好ではない

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top