北米物量 マーケットは2024年までに約5%のCAGRで推移する見込み


世界最大のマーケット調査会社であるResearch AND Markets社の発表によると、北米における物流市場の年平均成長率は、今後5年間約5%以上の水準で推移すると発表しました。

同社は2018年における北米の物流市場規模は約$900Billion(日本円で約90~100兆円)と試算しています。2024年には$1200Billion(日本円で約120兆円~130兆円)にまで成長すると見積もられています。

その市場の成長を支えるのが、インドネシア、タイ、インドといった新興国向けの輸出だと考えられています。今後も国際物流を中心に市場が盛り上がっていくと考えれています。

◆北米とインドネシアの貿易
北米はインドネシアと1996年にTIFAを締結しました。2018年における北米からの輸出に関しては、穀物類、航空機、天然資源を中心に対前年比で19%上昇。輸入に関しては、アパレル品を中心に3.1%上昇しました。インドネシア向け輸出が顕著に伸びている状況です。

◆北米とタイの貿易
北米とタイの貿易歴史は長く、1833年にTreaty of Amity and Commerceを締結したところに始まります。北米の2018年におけるタイ向け輸出は、電化製品、天然資源、機械、食物を中心に約$12.6Billionと前年比で14.5%も上昇しています。輸入に関しては、電化製品、ゴム、宝石類を中心に$31.9Billionと前年比で2.4%上昇しました。タイ向け輸出が顕著に伸びている状況です。

◆北米とインドの貿易
2020年現時点で北米はインドとTIFAを締結していません。一方、2018年における対インド向けの輸出は$33.5Billionと前年比30.6%も上昇しています。ダイヤモンド、天然資源、航空機といった品目を中心に輸出が伸びました。対インドの輸入に関しても、$54.3Billionと前年比11.9%上昇。主要品目としては、ダイヤモンド、薬品、機械を中心に伸びました。

北米は長年貿易赤字が続いてましたが、近年こうした新興国を中心に輸出が伸びていることが分かります。その牽引役となっているのがシェールガスです。北米は2011年5月にシェールガスの増産が始まり、2020年までには天然ガスの純輸出国になると予想されています。天然資源の新興国への輸出の増大を中心に、北米の物流市場は今後も成長していくと考えられています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top