ラマソフト、AI搭載プラットフォームのリリースを発表


2020年1月29日、LLamasoft(ラマソフト)は、AIを搭載したサプライチェーンプラットフォームの「llama.ai」をリリースしたと発表しました。

llama.aiは、最新の機械学習モデルや、最適化・シミュレーションアルゴリズムを組み合わせることで、サプライチェーン全体にわたってスマートかつスピーディな意思決定を可能とするプラットフォームを提供します。

llama.aiは、主に下記3領域においてサービスを提供します。
1.デジタルツイン
デジタル上に再現したエンドツーエンド(E2E)のサプライチェーンを活用して、あらゆるサプライチェーン・オプションの探索やリスク評価、そしてトレードオフ検証ができます。意思決定の高速化や自動化が可能になります。

2.アルゴリズムライブラリ
業界で最も広範なエンタープライズレベルのAI/ML、最適化およびシミュレーションエンジンを搭載。よりスマートで迅速な意思決定を可能にします。

3.エクスペリエンス
パーソナライズ・ユーザー・エクスペリエンスを通じて、より良い意思決定を実現します。

ラマソフトは、「Supply Chain Guru」を始めとしたサプライチェーン領域におけるアメリカのソフトウェアプロバイダーです。
2003年の設立され、全世界の大手企業を顧客に持つグローバル企業です。御成門に日本法人を持っています。

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top