2020/2/17 キューネ社発表のコロナによる物流情報


グローバル大手総合物流企業のKhunel(キューネ)は、コロナの影響に関する情報をアップデートしました。

◆稼働状況

中国におけるサプライチェーンは徐々に業務を再開している。ただ港湾と空港に関する正確な情報は現状困難な状況。

各自治体は、企業の業務再開に対して、検疫等のさらに厳しい追加要件を課しているとのこと。そのため、フライトのキャンセルが相次出いて、配達遅延も発生しているとのこと。

 

◆海上輸送

中国では武漢を除くすべての港が営業を継続。ただ、上海と天津の港湾は混雑している。人手も不足している状況にあり、荷役の遅延が発生している。

直近の状況としては、合計31便が欠航。SeaIntelによると長距離航路における減便等の対応は3月中旬まで続くとみられる。

また旧正月が延期されたことを受けて、上海や天津の港湾は、深刻な混雑状況にあると発表しています。

 

◆空輸

武漢を除き、中国及び香港における全ての空港が稼働中。配達の遅延については、貨物によって様々。中国当局の追加の安全対策に従い、人手不足の状況にあり、遅延が発生している。

また航空便の運航制限により、貨物が通常のようにスムーズに流れず、空港における輸入貨物と輸出貨物いずれも混雑が発生する可能性は明らかであると言及しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top