Levi Strauss(リーバイス)の物流評価 在庫回転率と在庫成長率


Levis(リーバイス)社はアメリカカリフォルニア州に本社を置く、ジーンズを主力製品とするアパレル企業です。

本記事では直近近発表されたアニュアルレポートに基づいて、在庫回転率と在庫CAGR(4年間の年平均成長率)を試算し、物流面でのパフォーマンスを評価しました。
在庫回転率は自社の物流オペレーションの効率性を、在庫CAGRは企業の物流コントロール力を評価する指標として活用いただければと思います。

企業概要

項目
企業名
Levi Strauss & Co.
設立年
1853年
本社
アメリカ合衆国 サンフランシスコ
従業員数
約15,100
日本オフィス
東京都渋谷区神宮前6-16-12

在庫回転率

FY19 売上原価
FY19 平均在庫
FY19 在庫回転率
$2,662 M
$884 M
3.01
FY19:3.01

計算式:売上原価 / 平均在庫 (期首+期末÷2)

在庫成長率(4年CAGR)

項目
FY16
FY17
FY18
FY19
売上高
$4,552 M
$4,904 M
$5,575 M
$5,763 M
在庫
$716 M
$759 M
$884 M
$884 M
在庫(百万)
¥77,213M
¥84,393M
¥96,736M
¥95,516M
FY19:7.28%
※FY19売上高CAGR:8.18%

在庫CAGRが売上高CAGRよりも低い数値の場合、売上高の成長に対して在庫の膨張を低く抑えられていう見方ができます。ただ、あまりにもその数値が離れすぎている場合は、逆に在庫切れを起こして売上機会の損失を発生している可能性があり得ます。

逆に在庫CAGRが売上高CAGRを上回っている場合、売上が想定より伸びていないか、在庫を抱え込みすぎている可能性(一概には言えないですが)が考えれます。

総合評価

総合評価
0/10

※Coming Soon

同業他社もチェック!

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top