Kuehne(キューネ)、第一四半期決算を発表


【ダイジェスト】

Kuehne ₊ Nagel(キューネ)が第一四半期決算を発表。売上高は前年同期比-6.3%の減収。粗利益、EBIT、EBITDA、純利益いずれも前年割れでした

・Sea logistic(海上輸送):アジアからの輸出が減少

・Air Logistic(航空輸送):全体での物量減をスポットのチャーター便が補う

・Road Logistic(陸上トラック輸送):欧州と北米で需要減

・Contract Logistic(コントラクトロジスティック):構造改革が順調に進む

・キャッシュフローと流動性は堅調に推移

  • Sea Logistics: reduced exports from Asia
  • Air Logistics: special charters partially compensated volume decline
  • Road Logistics: lower demand in Europe and North America
  • Contract Logistics: restructuring progressed successfully
  • Stable cash flow and solid liquidity

Read More

関連するおすすめ記事!!

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

Scroll to Top