米Coupa、ラマソフト社の買収を発表


北米に本社を置く電子購買ソフトウェアプロバイダーのCoupa社が、サプライチェーン分析ソフトウェアプロバイダーのLLamasoft(ラマソフト社)を買収したとのビッグニュースを発表しました。買収金額は$1.5 Billion(日本円にして約1,600億円)とのことです。

Coupaは世界最大の購買電子さアプロバイダーのCoupa社が、サプライチェーン分析ソフトウェアプロバイダーのLLamasoft(ラマソフト社)を買収したとのビッグニュースを発表しました。買収金額は$1.5 Billion(日本円にして約1,600億円)とのことです。

 

Coupaは購買調達ソフトウェアプロバイダーとされていて、下図のGartner社が発表した2020年度のMagic Quadrantレポートでもリーダーポジションに選出されています。BtoB向けITサービス界隈では、かなり有名な企業です。

そんなCoupa社が、AIを取り入れたサプライチェーン分析ツール(特にネットワーク分析に強い)の買収ということで、これは大きな動きとなりそうです。

なお、CoupaのCEOは今回の買収にあたって、顧客がサプライチェーン全体のinstant visibility(即効性のある可視性)、agile planning(素早い計画能力)、timely risk mitigation support(タイムリーなリスク管理サポート)を必要としている中で、ラマソフトのサプライチェーンデータ分析能力とCoupaが保有する顧客の決済データを組み合わせることで、より強力な購買決済プラットフォームを構築していきたいとコメントしています。※原文は下記からご覧ください。

CoupaもLLamasoftも共に日本においてもそれぞれの業域で非常に高いプレゼンスを持っていますので、今後の展開が楽しみです。

※詳細はこちらから

Scroll to Top