米FedEx社、ShopRunner買収を発表


北米の総合物流企業Fedex社が、輸送のサブスクリプションサービスを提供する「ShopRunner」を買収することを発表しました。

ShopRunerは月額定額制で配達サービスを提供するECプラットフォーム企業で、ファッションブランドを中心に100以上の店舗からなる製品を、2日間の納期+返品無料で利用できるサービスです。

アメリカのシカゴ州に本社を構える同社は、大手EC企業Amazonが提供するAmazon Primeの競合サービスとの認識が高まっている注目企業です。

 

●筆者の感想

FedEXは元々は「物流/運送会社」としてモノの配送に携わり企業であったが、今回の買収により、消費者の購買行動の上流側を狙いに来ていることがより明確になったと思う。

今後最大のライバル企業UPSがどのような施策に打って出てくるのか、そして元々はEC企業から始まり下流のラストワンマイルまで手掛けるようになったライバル企業Amazonとのシェア争いがどのようになるのか楽しみです。

原文はこちら

 

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

Scroll to Top