米FedEx、2021年第2四半期決算発表


米大手物流会社のFedex社が2021年第2四半期の決算を発表しました。

売上高、利益共に好調で、主因は国内宅急便事業とインターナショナル・プライオリティによるものとのこと。

 

●売上高

$20.6 Billion(対前年比19%増)

 

●営業利益

$1.51 Billion(対前年比120%増)

※調整後

 

●純利益

$1.3 Billion(対前年比96%増)

 

原文はこちら

 

●筆者の一言

新型コロナウイルスにより人の購買行動が店舗→オンラインへと変わる中で、EC向け宅急便の物量は増加傾向にある。この傾向は今後も続くことが考えられ、しばらく運輸企業の業績は好調に推移しそうです。

また新型コロナウイルスによりサプライチェーンが遮断され、企業の緊急出荷が増えたことも今回の好業績の一因になったと考えます。

それにしても、売上高が成長している一方で、コストを低く抑えれて収益をも改善できているのはお見事ですね。

 

 

Scroll to Top