Gartnerが2020年Magic Quadrant for TMS(輸送管理システム)を発表

北米のリサーチ会社Gartnerが2020年のTransport Management System(輸送管理システム)のMagic Quadrantを発表しました。

 

【2020年の結果】

なお比較用に2019年も貼っておきます。

 

【2019年の結果】

 

1.全体としては底上げ傾向

まず2019年と比較すると全体として「Ability to Execute」が底上げされていて、チャートが上に寄り「Challengers」ポジションにある企業が増えています。

特に大きな飛躍を見せたのが、米Kuebix社と米E2Openです。

Kuebixは北米のSaaSベースのTMSを提供する会社ですが、2019年は「Niche」ポジションでしたが2020年は「Challenger」ポジションへと大きく前進しています。

またサプライチェーンの可視化サービスを提供するE2Openは、リーダーポジションの中で頭一つ抜き出ています。

 

2.Leaderポジション勢には大きな変動なし

まずマトリックス図の右上セグメントにある「Leader」ポジションにはOracle、Blue Jay(旧JDA)、SAP、Manhattan Associateの4社が選出されました。

これら4社は2019年にもリーダーポジションに選出されていますので、リーダー勢の顔ぶれという点では2019年と変動ありません。

2020年から新たに「Blue Yonder」が出てきていますが、これは先日「JDA」が買収先企業の「Blue Yonder」に社名を変更しましたので、社名は変わっていますが中身は同じです。

また別個で見ていくと、Manhattan Associates社のAbility to Executeが向上しSAP社との差が縮まっています。

 

※原文はこちら

Read More

 

※Gartner関連はこちらの記事も参考になるかもしれません。

URL:日本企業のGartner Supply Chain Top25の選定は一度もない 選考基準は?

 


MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ MaaSシリーズ

 


自動運転・MaaSビジネスの法務

ブログ管理人

ブログ管理人

こんにちは!当サイト管理人のモノ蔵と言います。
日中は外資系の物流企業でサラリーマンしています。
趣味で世界中の物流・サプライチェーンに関する情報収集・発信しています。

 

 

Scroll to Top