CEVA Logisticsの業績情報 TNTロジスティクス&EGLロジスティクスの合併企業


スイスの物流企業CEVA Logistics(シーバロジスティクス)の業績です。

物流企業の中でも「3PL」と「貨物管理」を主な収入源としているのが特徴で、3PL業界の中では世界的に有名な知る人ぞ知るような企業です。

実は日本でも東京都江東区辰巳にオフィスがあります。

目次

◆企業概要

企業名CEVA Logisitics
設立年2007年
本社フランス マルセイユ ※移転
海外展開160か国
従業員数約58,000
年間売上高(18年)約8,000億円($7,356Million)
株式公開非上場
日本オフィス東京都江東区辰巳3丁目8−5

【本社オフィス】

CEVA Logisticsは、元々は1946年に設立されたオーストラリアのTNTと、1984年に設立された北米のEGLがApolloというファンドに買収されて出来上がった企業です。

2018年5月にはスイス証券取引所でIPOを実施しますが、2019年3月にフランスの海運大手CMA CGMにTOBで買収され傘下に入りました。

◆業績

-5年間の売上高推移

※単位は百万ドル

-営業利益率・純利益率の推移

※単位は百万ドル

-資産の内訳

※単位は百万ドル

-流動比率の推移

※単位は百万ドル

-セグメント毎の業績


※チャート内のFMはFreight Managementの略称です。

-エリア別業績

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top