SCMソフトウェアベンダーまとめ


SCM(サプライチェーンマネジメント)ソリューションを提供するグローバルソフトウェアベンダーをまとめてみました。
日本に支社を持っているベンダーに対象を絞っています。

【JDA】
サプライチェーンに特化したソフトウェアを提供。サプライチェーンの上流から下流におけるプロセスをエンドツーエンドでカバーする豊富なソフトラインナップが強み。2012年にはRed Prairieを買収
・設立:1985年
・本社:アメリカ アリゾナ州
・国内支社:中目黒(東京都目黒区上目黒2-1-1)
・主なソリューション:Luminate AI/ML、JDA Demand、JDA Assortment Optimization、JDA Transportation Management
・グローバル顧客数:4000社以上
・主な顧客:日産、ボッシュ、3M、ABB、Walt Disney等
・年間売上高:約1000億円~1500億円
・その他:2019年にはPanasonic社との合弁会社を設立する覚書を結びサプライチェーンソリューションでの協業することを発表

【Kinaxis】
シングルプランニングプラットフォームを用いて1つのプラットフォーム上でサプライチェーンにソリューションを統合させていることが特徴。他社だとソリューションによってプラットフォームが変わる
・設立:1984年
・本社:カナダ オタワ
・国内支社:品川(東京都港区港南2-16-1)
・主なソリューション:RapidResponse、Live Lens
・グローバル顧客数:不明
・主な顧客:コニカミノルタ、日産、ニコン、アシックス
・年間売上高:約150億円
・その他:2019年には本田技研がKinaxisの採用を発表しました。国内ではDeloitteやJFEシステムズとパートナー契約を結んでいる

【Infor】
世界中に68000社の顧客を持つグローバルソフトウェアベンダー。元々はERPパッケージベンダー
・設立:2002年
・本社:アメリカ ニューヨーク州
・国内支社:有楽町(東京都千代田区有楽町1丁目1−3)
・主なソリューション:Infor Nexus、Infor Supply Chain Execution、Infor SCE
・グローバル顧客数:68,000社以上
・主な顧客:小松製作所
・年間売上高:3000億~3500億
・その他:2019年に日本国内におけるInfor Nexusの提供開始を発表。サプライチェーンの可視化強化に取り組む

【Manhattan Associates】
サプライチェーン専門のソフトウェアプロバイダー。11年連続でガートナー社マジック・クワドラントの倉庫管理システム (WMS) でリーダーの評価を獲得した実績を持つ
・設立:1990年
・本社:アメリカ ジョージア州
・国内支社:虎ノ門(東京都港区1 虎ノ門1-1−20)
・主なソリューション:Manhattan ActiveTM Inventory、Manhattan ActiveTM OMNI、Manhattan ActiveTM Supply Chain
・グローバル顧客数:1,200社以上
・主な顧客:サムスン電子、郵船ロジスティックス、ニトリ、ラコステ
・年間売上高:約600億円~700億円
・その他:創業後29年以上無借金経営。2018年にリリースしたManhattan Customer EngagementはSNS上の情報をリアルタイムで収集し購買/注文データと関連付けることで顧客ニーズが即座に把握できる

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top