ブラジルにおける商業用ドローンの法規制


ブラジルにおけるドローン利用の法規制について調べた内容をまとめました。

最新情報や不明点はブラジルのドローン関連の規制を定めているANACとDECEAのオフィシャルサイトの確認をお願いします。

 

ドローン規制の管轄組織

ブラジルのドローン規制は下記の民間と政府機関の2組織が定めています。

・ANAC:ブラジルの民間航空機関
URL: ANAC公式HP

・DECEA:ブラジルの空域管理局
URL: DECEAの公式HP

 

ドローン規制の内容

・18歳以上のみの年齢制限がある

・一度に複数のドローンを飛行させることは禁止

・常時、ドローンをvisual line of sight(目視内)で飛行させること

・55ポンド(250グラム)以上のドローンを飛行する場合、ドローン飛行による第三者への損害を補償する保険に加入する

・55ポンド(250グラム)以上のドローンは、ANACのUnmanned Aircraft Systemに登録すること

・55ポンド(250グラム)以上のドローンは、ドローン飛行と無関係の一般人から98Feet(30メートル)以上離れること。ただし、機体と人間の間に何らかのbarrier(壁や建物等の防護物)がある場合は飛行が可能。また、仮に飛行する場合は、対象の人に必ず伝達すること

・Department of Airspace Control(ブラジルの空域管理局)のガイドラインに従うこと

・刑務所、軍事施設等の要所施設上空の飛行は禁止

・ビルから98Feet(30メートル)以内の飛行は禁止

・人間の上を飛行させることは禁止

・空港から、3マイル以内を飛行する場合は(SARPAS)への申請が必要、3~5マイルを飛行する場合は高度100Feet圏内、5マイルの場合は高度100~400Feet圏内まで飛行可能

・Autonomous(無人飛行)は禁止。ただし、これはAuto(自動操縦)とは異なる。自動操縦は、人がいつでも飛行の操縦をコントロールできる状態のこと

・オペレーションの特徴によって、ライセンスが必要

 

ライセンス要件

・機体が、55ポンド(250グラム)以下で、高度400Feet以内の場合は、その目的に応じてライセンスされる

その他の場合は下記の通りライセンスが必要

クラス1:機体が、330 ポンド以上で、高度400Feet以上を飛行したい場合

クラス2:機体が、55~330 ポンドで、高度400Feet以上を飛行したい場合

クラス3:機体が、55ポンド以内で、高度400Feet以上を飛行したい場合
ライセンスの取得に加えて、クラス1、2のライセンス保有者は、ANAC発行のAeronautical Medical Certificate (航空用身体検査)か、DECEA発行のAeronautical Medical Certificate(航空用身体検査)が必要である

 

ソース

ANACオフィシャルサイト: ANACのオフィシャルサイト

 


ドローンビジネス参入ガイド

 


ドローンの教科書 標準テキスト – 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top