Tiffany社、ダイヤモンドのサプライチェーン工程見える化を開始


北米に本社を置くTiffany & Co.社は、ダイヤモンドの原産国から加工・研磨工程等の全ての流通過程が見られるようになることを発表しました。

この取り組みは、ダイヤモンド業界では初となる試みで、Tiffany社がここ20年以上もの期間を経てようやく実現した技術とのことです。

企業のCSR(Corporate Social Responsibility)への意識が高まる中で、ダイヤモンドの流通過程の透明性を高めることは重要だと、コメントを述べています。

“Today we advance our commitment to diamond traceability one step further,” said Anisa Kamadoli Costa, chief sustainability officer, Tiffany & Co. “Our customers deserve to know that a Tiffany diamond was sourced with the highest standards, not only in quality but also in social and environmental responsibility. We believe that diamond traceability is the best means to ensure both.”

原文はこちら

 

 

Scroll to Top