キューネ社、2020年Q3は減収減益


海運大手Kuehne社が2020年第三四半期の業績を発表しました。

2020年Q3の売上高は14,839 CHF Millionと、対昨年比で-6.3%の減収。また収益は575 CHF Millionと、対昨年比で-3.8%の減益で着地しました。

Kuehne+Nagel Group, CHF million

9M 2020

9M 2019

Δ

Q3 2020

Q3 2019

Δ

Net turnover

14,839

15,838

-6.3%

5,031

5,238

-4.0%

Gross profit

5,516

5,989

-7.9%

1,866

1,974

-5.5%

Operating result (EBITDA)

1,399

1,341

4.3%

600

472

27.1%

EBIT

790

794

-0.5%

371

283

31.1%

Earnings for the period

575

598

-3.8%

266

214

24.3%

Free Cash Flow

811

617

31.4%

428

254

68.5%

 

なおセグメント別での業績は下記の通りとなります。

 

Sea Logistics

CHF million

9M 2020

9M 2019

Δ

Q3 2020

Q3 2019

Δ

Net turnover

5,163

5,633

-8.3%

1,777

1,894

-6.2%

Gross profit

1,051

1,173

-10.4%

378

391

-3.3%

EBIT

304

357

-14.8%

137

122

+12.3%

 

Air Logistics

CHF million

9M 2020

9M 2019

Δ

Q3 2020

Q3 2019

Δ

Net turnover

3,703

3,503

5.7%

1,243

1,143

8.7%

Gross profit

957

997

-4.0%

315

329

-4.3%

EBIT

350

263

33.1%

169

89

89.9%

EBIT adjusted*

287

263

9.1%

106

89

19.1%

 

Road Logistics

CHF million

9M 2020

9M 2019

Δ

Q3 2020

Q3 2019

Δ

Net turnover

2,380

2,682

-11.3%

796

862

-7.7%

Gross profit

812

846

-4.0%

274

269

1.9%

EBIT

38

62

-38.7%

12

17

-29.4%

 

Contract Logistics

CHF million

9M 2020

9M 2019

Δ

Q3 2020

Q3 2019

Δ

Net turnover

3,593

4,020

-10.6%

1,215

1,339

-9.3%

Gross profit

2,696

2,973

-9.3%

899

985

-8.7%

EBIT

98

112

-12.5%

53

55

-3.6%

 

原文はこちら

 

 

物流業界の最先端を知ろう!

少子高齢化に伴う労働力不足、世界的なインフレ、脱炭素や省エネに対する強い要請等、物流業界は今大きな変化にさらされています。

そうした中で、物流の最新情報を収集して知識をアップデートしておくことは益々重要となっています。

筆者おすすめの本を幾つかピックアップしたので参考にしてみて下さい。

 

●WMSで実現する中小製造業の物流DX(2021/8月)

「WMS」というとこれまでは資金が豊富な大企業が導入するものというイメージがありましたが、中小企業でもWMSを導入することの重要性を説いている本です。

何故、WMSなのか?後半のRPAやAIの章との繋がりがあって、面白いです。


 

●物流の世界史(2021/8月)

グローバリゼーションがこれまでどのような変遷を辿ってきたのか、物流と密接につながるグローバル化についてまとめられた本です。

過去、現在、未来の流れでトレンドを整理したい人におすすめ。


●人気記事

外資物流企業で働く筆者推奨 物流実務で使えるおすすめ資格5選!! 

物流担当者なら絶対読んでおきたいおすすめ本7冊

 

 

 

Scroll to Top