物流・3PL企業の世界ランキング 売上高Top5

世界の物流・3PL企業の売上高を、日本円レートに換算して横並びで比較して、ランキングにしてみました。

世界№1の物流企業はどこなのか?日系企業の世界における立ち位置はどうなのでしょうか?

就活・転職活動の企業分析としても活用してみて下さい。

 

 

調査方法

対象企業は、物流、3PL、海運、運輸業界における下記の13社。

 

・DHL(ドイツ)

・DB Schenker(ドイツ)

・UPS(アメリカ)

・Fedex(アメリカ)

・XPO(アメリカ)

・C.H Robinson(アメリカ)

・Kuehne+Nagel(スイス)

・Maersk(デンマーク)

・DSV Panalpia(デンマーク)

・CMA CGM(フランス)

・Cosco Shipping(中国)

・ONE(日本)※日本郵船、商船三井、川崎汽船のJV

・日本通運(日本)

 

※調査方法:各社の2021年決算書(アニュアルレポート)から売上高(Revenue/Turnover)のデータを抜粋

※決算書を公表していない未上場企業は今回対象から除外。

※為替レートは年末時点での日本円への変換レートを適用。

※注意点:決算月が異なるので、その点は完全な横並びの比較ではない点ご理解下さい。

 

 

調査結果

1位:UPS(アメリカ)10兆5848万

2位:DHL(ドイツ)10兆4954万

3位:Fedex(アメリカ)9兆1347万

4位:Maersk(デンマーク)6兆7224万

5位:CMA CGM(フランス)6兆0906万

 

北米勢強し!

という感じです。

 

詳細は下記テーブルをご覧ください。

 

Logistic Revenue

 

 

 

 

ブログ管理人について

ブログ管理人について

外資系の物流・3PL企業で働いています。
日々の学びをアウトプットしたり、世界の物流・サプライチェーンに関する情報収集・発信しています。
よろしくお願いします。

 

 

Scroll to Top