5月のTruck Tonnage指数、4月に続き低下


北米のATA(米国トラック協会)が毎月発表しているTruck Tonnage指数というものがありまして、これはざっくり言うと当月の北米内においてトラックが輸送した貨物量を測定する指標です。

北米内においてどれくらいのモノが移動したのかを計測する指標なので、経済指標としても使われることがあります。

そしてATAが今月発表した2020年5月のTruck tonnage指数は、「106.1」と対前月の4月比率で-1.1ポイント、対昨年同月比で-9.6でした。

 

対昨年比-9.6%はリーマンショック直後以来の下落率であるものの、ATAのチーフエコノミストのBob Cosatelloは、

While tonnage fell in May, even though other economic indicators like retail sales and housing starts rose, I’m not overly concerned

と他の指標が4月に比べて改善傾向にあるのは確かだが、この落ち込みには大きな懸念はないとコメントしています。

その理由として、

First, while down over 10 percent sequentially in April, truck tonnage did not fall as much as other economic indicators that month. Second, there are indications that freight continues to improve as more and more states and localities lift lockdown restrictions.

そもそも今回の比較対象である前月4月の下落率が他の指標に比べて悪くなかったということ、そして今後ロックダウンが解除されることが想定されるので指数は改善に向かう(これ以上は悪くならない)ことを挙げています。

ただ今後のコロナ次第では更に悪化する可能性もあり、引き続き不透明な状態が続いていることには変わりないようです。

 

※原文はこちら

Read More…

 

Scroll to Top