世界の道路ネットワーク距離で各国の物流事情を分析


世界中でEコマースの利用が拡大する中で、消費者に商品を届ける物流網の重要性も高まってきています。

最近ではドローンの活用といった物流領域に先端技術を取り入れる動きも始まっていますが、現実的には特にラストワンマイルの輸送においては陸運に頼らざるをないのが現状です。

今回はそんな陸運を支える道路ネットワークに着目し、世界各国のGDP、人口、面積といった情報と比較しながら、各国の物流事情や特徴を分析してみました。

各国でデータの更新状況が異なりますので、若干誤差が生じる可能性がある点はご了承下さい。

Table of Contents

まずはGDPの世界ランキング(2019)

世界の道路ネットワーク距離数 上位20位

1位はGDPで世界1位でもあるアメリカがぶっちぎり。
国中に道路ネットワークが張り巡らされているからこそ、国民の需要に対応することが出来、国の経済活動も進んだのかなと考えます。

その後をインドと中国が付けています。
それぞれで13億と14億の人口を有するこの2国であれば、上位にランクされているのも納得です。

そして4位と5位につけるのがブラジルとロシア。
BRICsを背負う経済成長の面で注目の2国として、上位5に食い込んでいます。

そして惜しくもベスト5を逃した6位の日本。
他国と比べて面積が小さいながら検討しているのではと考えます。

GDP上位国は道路ネットワークでも上位につけている傾向が見られます。GDPと道路ネットワークの距離は密に関連しているということが考えれます。

対面積あたり道路ネットワーク 上位20位

続いて各国の面積(Km2)あたりの道路ネットワーク距離数です。
考え方としては人口密度と同様で、1面積単位に対してどの程度道路ネットワークが張り巡らされているのかを分析してみました。

1位は日本が断トツです。

2位のドイツと比べてみても頭一つ抜けているのが分かります。緻密な作業が得意な国民性はこうしたところでも表れているのでしょうか。

そして総距離数では1位と3位のアメリカと中国はベスト10外です。
アメリカも中国も面積が大きいことが原因だと考えらえます。

気になるのはタイ。

上位を欧州勢が連ねる中で東南アジアの中では最高の7位につけています。

タイも日本と同じく国有面積は小さいですが、道路ネットワークという点では整備された国であることが考えられます。

面積の小さい日本やドイツがランク上位にあり、面積の大きい国がランク下位にあることを考えると、面積の大小が道路ネットワークに与える影響は小さいと考えられます。

対人口あたり道路ネットワーク 上位20位

最後に人口あたりの道路ネットワーク数です。

こちらの分析では上位ランクほど人口あたりの道路距離が長いということになるので、考え方次第では無駄に道路が長いということが考えれます。

逆に下位であるほど、総人口に対する道路の距離数が短いという結果になるので、考え方次第では道路が足りてない=まだまだ道路ネットワークを拡大させられる余地があるということが考えられます。

1位は意外にもフィンランドです。

こちらはフィンランドの道路距離数に林道、公道、私道といった情報が含まれているので距離数が伸びたというのと、人口が500万人程度なので人口の少なさが原因だと考えられます。

ランク下位はインド、インドネシア、中国、トルコ、イギリスです。

イギリスを除けば人口が多い国であるという傾向が見えてきます。

人口が多い国が下位にあり、人口の少ない国が上位にいることを考えると、人口の多い/少ないが道路ネットワークに与える影響は小さいということが考えられます。

◆結論

◎GDPと道路ネットワークは傾向としては相関関係にある

◎面積が大きかったり人口が多ければ道路ネットワークも長いとは限らない

◎また面積が小さいから道路ネットワークも短いとも限らない

関連するおすすめ記事!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top