Kuehne + Nagel(キューネ)の企業情報 コンテナ輸送量世界一


グローバル総合物流企業のKuehne + Nagel(キューネ)の企業情報です。

日本ではあまり聞かない企業名からもしれないですが、世界有数の物流企業です。

目次

◆企業概要

企業名Kuehne + Nagel
設立年1890年
本社スイス
海外拠点数100か国
従業員数約82,000
年間売上高約2兆3,500億
株式公開上場
日本オフィス東京東陽町

元々は1890年にドイツのブレーメンで創立された物流企業ですが、その後1969年にスイスに本社を移し現在に至ります。

企業名の「Kuehne + Nagel」は、設立した2人の人名(August KühneさんとFriedrich Nagel)が由来です。

◆事業内容

フォワーディング。具体的には海運、空輸、陸運、コントラクトロジスティクスの4つのセグメントで物流サービスを提供。
業界別では、航空、自動車、ハイテク製品、産業材、資源、ヘルスケア、小売、食品飲料、ホテル向けサービス等、様々な業界にサービスを提供します。

◆業績

-企業全体での業績
 201720182019(第三四半期)2019(予)
Net Turnover(売上)18,59420,77415,83821,117
EBIT9379877941,059
EBIT率5.0%4.8%5.0%5.0%
純利740772598797
純利率4.0%3.7%3.8%3.8%

※単位は百万スイスフラン

-セグメント毎の業績

キューネ社は具体的には下記4つのセグメントがあります。
それぞれの業績と直近の動きです。

①海運

 20172018成長率
Net Turnover(売上)8,8059,366106%
EBIT414418101%
EBIT率4.7%4.5% 

②空輸

 20172018成長率
Net Turnover(売上)4,7595,620118%
EBIT313355113%
EBIT率6.6%6.3% 

➂陸運

 20172018成長率
Net Turnover(売上)3,1173,526113%
EBIT4976155%
EBIT率1.6%2.2% 

④コントラクトロジスティクス

 20172018成長率
Net Turnover(売上)4,8145,249109%
EBIT16113886%
EBIT率3.3%2.6% 

【ポイント】

利益額では海運事業が最大。
利益率では空輸事業が最も高い。
・対前年比の成長率では、空輸事業が最も高い。陸運も二桁成長と好調。
コントラクトロジスティクス事業は、収益性が低下傾向にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top