UPSの企業情報 収入源の75%が北米の北米最大老舗物流企業


北米最大の物流企業UPS(ユーピーエス)の企業情報です。

UPSはアメリカの企業なので日本ではあまりトラックを見かけないです。

ただアメリカに行くと、焦げ茶色の下地にオレンジで「UPS」とロゴが付いたトラックが走っているのはよく目にします。ハワイ旅行の際なんかは見てみて下さい。

さて、本記事では、UPSの最新のアニュアルレポートから、一部情報を抜粋し整理したものを共有します。

物流業界やUPSに興味がある人や、転職を考えている人は参考にしてみて下さい。
ちなみに、物流5社の中で最もアニュアルレポートが分かりやすく好感が持てました。

目次

◆企業概要

企業名UPS
設立年1907年
本社北米 ジョージア州
海外展開220か国
従業員数約481,000
年間売上高(18年)約7兆9047億円($71,861Million)
株式公開上場
日本オフィス東京都港区芝浦4-13-23

【本社オフィス】

企業名の「UPS」は、「United Parcel Service」の各単語の頭文字を取った略称です。

UPSの2018年の年間売上高は、日本円にして約7兆9000億円です。

日本郵便の親会社である日本郵政グループの年間売上高は約3兆8800億円ですので、UPSが巨大物流・郵便企業であることが分かります。

なお、同じ米系企業のライバル会社である「FedEx」の売上高は7兆6600億円ですので、年間売上高では僅差で勝利しています。

※FedExの企業情報は、『こちら』よりご確認下さい。

◆事業内容

UPSの収入源は主に北米の宅配事業が中心ですが、大きく3つのビジネスセグメントで業績を報告しています。

 

1.US Domestic Package
北米内の、域内宅配事業です。具体的には、陸運と空輸による、納期保証型の宅配事業です。取扱い貨物は14,7 Millionあり、は米国内最大です。納期指定が緩い、安価なサービスも提供。
直近では、土曜配送の拡大や、北米内で新センターを22か所開設しています。

 

2.International Package
国際デリバリー事業です。最短で1-3日で届ける「UPS Worldwide Express」や、最短3-5日で届ける「UPS Worldwide Expedite」を主力サービスを持ちます。Expressに関しては、137か国まで対象サービスエリアを拡大。Expressでなければ、全世界80か国を発地として220か国の地域を対象にデリバリーを行います。
今後はアジア市場を強化していくと発表しています。

 

3.Supply Chain & Freight
北米内宅配事業と国際デリバリー事業以外の、その他物流サービスを提供しています。海運や空輸事業の「Forwarding」や、2015年に買収した「Coyote Logistic」によるブローカービジネスや、2018年にローンチした「Transport Management System」及び「Warehouse Mangement System」といったシステム事業、通関代行事業ファイナンス事業と幅広く物流サービスを提供します。

◆業績

-企業全体での業績
$Million201620172018
Revenue(売上)61,61066,58571,861
OI・EBIT(営業利益)7,6887,5297,024
OI率12.5%11.3%9.8%
純利3,4224,9054,791
純利率5.6%7.4%6.7%

※単位は百万ドル

-セグメント毎の業績
 Revenue(17)Revenue(18)YoY
US Domestic40,76143,593106.9%
International13,34214,442108.2%
SC & Freight12,48213,826110.8%

※単位は百万ドル

 利益(17)利益(18)YoY
US Domestic4,3033,64384.7%
International2,4292,529104.1%
SC & Freight797852106.9%
Total7,5297,02493.3%

※単位は百万ドル

◆UPSの戦略

UPSは下記の領域において、今後戦略的に投資を強化していくとアニュアルレポート内で打ち出しています。

小~中貨物における物流サービスの提供
・国外の成長セグメント。具体的にはアジア
・BtoB、BtoCにおけるEコマース事業
ヘルスケア及びライフサイエンス業界
テクノロジーによるオペレーションの更なる最適化

 

◆UPSの保有資産

自社リースオーダー中合計
24831628592

<!– START MoshimoAffiliateEasyLink –><script type=”text/javascript”>(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName(“body”)[0],e.appendChild(d))})(window,document,”script”,”//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js”,”msmaflink”);msmaflink({“n”:”ロジスティクス業界大研究 (業界大研究シリーズ)”,”b”:”産学社”,”t”:””,”d”:”https:\/\/m.media-amazon.com”,”c_p”:””,”p”:[“\/images\/I\/514Ei1Xts-L.jpg”],”u”:{“u”:”https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4782535406″,”t”:”amazon”,”r_v”:””},”aid”:{“amazon”:”1243972″,”rakuten”:”1243896″},”eid”:”yQKWq”,”s”:”s”});</script><div id=”msmaflink-yQKWq”>リンク</div><!– MoshimoAffiliateEasyLink END –>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top