ドバイ(UAE)における商業用ドローンの法規制


ドバイのドローン規制に関して調べた内容の共有です。

ドバイで商業用ドローンを飛ばすことは可能とされていますが、以下の通り規制が設けられています。

最新情報や実際の飛行前には情報ソースより原文の確認をお願い致します。

ドローン規制の管轄組織

ドバイの商業用ドローン飛行に関する法規制は、以下2団体が管轄しています。

1.GCAA: General Civil Authority

2.DCAA: Dubai Civil Aviation Authority

法規制の内容(GCAA)

・UAS GCAA Examという試験に合格する必用がある

・GCAA Drone Registration Certificateに登録して、ライセンスを取得する必用がある

・実際に飛行させる前にOperational Approvalを取得する必用がある

上記に加えて、商業用/趣味用に関わらず、Dubai Civil Aviation Authority (DCAA)が定める以下法規制を順守しなければいけません

法規制の内容(DCAA)

・トレーニングの受講 ※トレーニングは「Sanad Academy」や「Exponent」にて受講することが可能

・書類の提出 ※書類はDCAAに提出します。内容としては企業名、住所、企業登録番号、連絡先、Emirates ID、パスポートやVISA等を記載します。

・No Objection Certificate(証明書)の取得

・人、他の機体、障害物との衝突を避ける

・人に不快な行為をしないこと。故意に私有地にぶつけたりしない

・公共、私有地の上空を飛行しない

・空港の近くで操作しない

・No Fly Zoneという、禁止空域で飛行させない

関連するおすすめ記事!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to Top